遺品整理業者に依頼するデメリット

遺品整理業者へ依頼するメリットとデメリットについてご説明します。

次はデメリットについてです。

 

・費用がかかる

遺品整理業者は決してボランティアやサービスで行っているものではありません。利用するには当然費用がかかります。

どのぐらいの費用がかかるかは、引っ越しなどと同様、荷物の量やサービス内容、業者によって異なります。高ければ数十万円かかることもありますし、荷物の量が少なければ数万円の場合もあります。

 

・残しておきたいものが処分されてしまう可能性がある

遺品整理業者は遺品を整理し、残すものと処分するものを判別するプロです。

とはいえ、故人の近親者とまったく同じ目で物を判別することはできません。

例えば、おびただしい数の本の中から、故人が特に愛読していた本を見分けることはできません。何の変哲もない料理道具の中から毎日使っていた道具をより分けることもできません。

そのため、残しておきたいものや思い入れの深いものなどは処分されてしまう可能性があります。

もし選り分けておきたい場合は、遺品整理業者へ依頼する前に遺族自身の手で行いましょう。

 

・悪質な業者もなかには存在する

遺品整理業者の中には残念ながら悪質な業者も存在します。

遺品整理というサービス自体、まだ歴史が浅いため、経験の少ない業者が数多いのも事実です。また、遺品整理業に法律的なルールが存在しないため、業者によっては不用品回収や不用品買取と同様に考えられていることもあるようです。

遺品を大切に取り扱ってもらいたい場合は、遺品をゴミとして考える悪質な遺品整理業者へ依頼することがないよう注意する必要があります。