浮気調査で使用するロガータイプGPS①

浮気調査でGPSを使うことで、パートナーなどのターゲットの行動パターンや行動半径などをおおまかに把握することが可能です。GPSには大きく分けてロガータイプとリアルタイム型の2種類があります。ここでは、ロガータイプのGPSについて解説していきます。

浮気・不倫調査の方法として、「GPS」やアプリを使うものがあります。GPS(グローバル・ポジショニング・システム)とは、簡単に言うと人工衛星から発せられる電波により、地上の対象の現在位置を測る仕組みです。これを利用すればパートナーがどこにいるのかがリアルタイムで判明します。またアプリについては、”iCloud”や”Suica Reader”のような、本来は浮気・不倫調査と直接関係ないものを活用する方法と、”Cerberus”や”Prey Anti Theft”のようなセキュリティ目的のものを活用する方法があります。

このページを参考にしました。
URL:https://uwakitantei.net/

ロガータイプGPS

ロガータイプGPSは、ロガーという名称から想像できる通り、「記録」をすることを目的としたGPSです。記録可能なものは以下の通りです。

・ターゲットの位置情報
・ターゲットがよく行くところと滞在時間

ロガータイプGPSの使い方は、自動車などの目立たないところなどに取り付けることがほとんどです。

取り付ける際には、本体についている磁石や粘着性の高い両面テープなどを利用します。ターゲットのカバンやバッグなどの持ち物の奥にしのばせるパターンもあります。

ロガータイプGPSの3つのメリット

ロガータイプGPSには、次の3つのメリットがあります。

・市販品が購入可能
・お手頃価格
・特定されにくい

1.市販品が購入可能

ロガータイプGPSのメリットには、インターネット通販などで簡単に市販品を購入できる点があります。

2.お手頃価格

ロガータイプGPSの市販品の販売価格は3,000円程度のものもあることから、あまり予算をかけたくない人のお財布にも優しい価格となっているのもメリットと言えるでしょう。

3.特定されにくい

ロガータイプGPSには、仮にターゲットに見つかってしまったとしても、「誰が」「何のために」取り付けたのかが特定されにくい点もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です