遺品整理作業当日

遺品整理業者への見積もり・契約が完了すると、次は作業当日を迎えます。

作業当日は基本的には遺品整理業者に作業を進めてもらうだけですが、依頼者側でもおさえておくべきポイントがあります。

 

ポイント1. 立ち合いが必要かどうか

作業当日に立ち合いが必要かどうかを確認しましょう。

遠方の場合や多忙のために立ち合いできない場合など、鍵を預けるなどして立ち会わなくても可能な場合もあります。

逆に、遺品整理に遺族自身も参加したい場合なども事前に伝えておくと良いでしょう。

 

ポイント2.  作業にかかる時間

遺品整理業者は遺品整理業のプロなので、見積もり時に荷物の量などを見て作業にかかる時間をあらかじめ見積もっています。作業当日は作業にかかる時間を再度確認しましょう。

遺族自身が遺品整理に立ち会う場合はその予定時間を大幅に超過しないようスムーズな作業を心掛けるようにしましょう。

 

ポイント3. 不用品の搬出や処分、買取について

大量の不用品を搬出し処分してもらえるかどうか、また買取できそうなものがあれば買取業者を手配してもらえるかどうかを確認しましょう。

見積もりの時点で話し合いが行われているはずですが、当日念のため確認しておくと良いでしょう。

 

ポイント4. 清掃もお願いするかどうか

こちらも見積もりの時点で話し合いが行われているはずですが、清掃までしてもらうかどうかも念のため確認しておきましょう。

遠方のために作業をすべて一任する場合は、終了後に撮影した写真を送ってもらうなど完了報告をしてもらうと安心ですね。

 

ポイント5. 遺品、大切なものを再確認

作業当日は、遺品や大切なものを再度確認してから作業に入ってもらうようにしましょう。処分される多くの物の中に大切な遺品がまぎれこんでしまっても、あとから取り戻すことは実質的に不可能です。そのためには当日作業される方に改めて説明することをおすすめします。